電話応対研修

「オーダーメイド」が可能です。お客様のご要望に合わせた研修を提案させていただきます。

研修内容(例)

目的

  • 1
    ビジネスにおける電話応対の重要性を認識し、組織のイメージアップにつながる応対力を身につける
  • 2
    トレーニングを繰り返すことで、電話への苦手意識を解消する
  • 3
    録音をおこない、自分の声や話し方・癖を知って改善につなげる
  • 4
    あらゆる場面を想定し、適切な応対方法を身につける

内容

  • 1
    電話応対の良し悪しが企業イメージにつながることを認識し、基本となる心得を考える
  • 2
    電話の特性を知り、「間違いなく聞き取り、正しく伝える」ために何が必要か、そのためにどうすればよいのかを具体的に学ぶ
  • 3
    これまで誤った敬語や表現をしていなかったか、相手に対して気遣いのない言い方をしていなかったかを確認し、正しい言葉遣い・感じのよい言葉遣いを身につける
  • 4
    相手の話をどのように聞くのか、不快感を与えないためにはどのようにすればよいかを学ぶ
  • 5
    受け方のポイントを知り、企業の代表として電話に出る「感じのよい第一声」を録音を確認しながらトレーニング
  • 6
    基本的な受け方、取り次ぎ方、不在時の対応、伝言の承り方をロールプレイングで練習、実践力を身につける。また、イレギュラーな対応について考える
  • 7
    かけ方のポイントを知り、失礼のない、分かりやすい話し方を学ぶ
概要
受講対象 業務において電話応対の機会の多い社員の方
適正人数 4~12名
実施形態 講師派遣
日程 半日
料金 要相談
その他 研修前後に個人の電話応対レベルチェックも別途承ります。
プログラム概要
テーマ 内容

あなたの電話応対で企業イメージが決まる

【講義】

電話応対の心得

「よい電話応対」と感じてもらえる3か条を考える

                【グループワーク】

間違いなく聞き取る。正しく伝える

1. 電話の特性

2. 復唱の仕方

3. 言葉の言い換え

4. 分かりやすい言葉

 ・滑舌トレーニング    【講義・トレーニング】

信頼される言葉遣い

1. 尊敬語、間違いやすい表現

2. 感じのよい言葉遣い

3. 練習問題          【講義・個人ワーク】

感じのいい「きき方」

1. 傾聴の姿勢

2. あいづち

3. 不快感を与えないためには        【講義】

受け方をマスターする

1. よい印象を決める第一声

2. 名指し人に取り次ぐ

3. こんな時どうしますか?

4. 名指し人が不在の場合の対応<状況の伝え方>

5. 自分で対応する場合

6. ケーススタディ

    【講義・ロールプレイング・グループワーク】

かけ方をマスターする

1. 名指し人が不在の場合の対応

2. 分かりやすい伝え方  【講義・ロールプレイング】

 

グループ会社のご案内